トップへ » 診療案内 » 審美・ホワイトニング

審美歯科とは

審美歯科

審美歯科とは歯の白さや、歯並びといった美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療のことです。

本来、歯は「噛む」「砕く」といった機能以外にも「発音」「顔貌」といった付随する効果もあります。

そのなかで、白く美しい歯は表情を豊かにし、笑顔に自信を与えてくれます。健康的で素敵な笑顔を手に入れる、それが審美歯科です。

ホワイトニング

ホワイトニング歯を漂白し、白く美しくします。歯を削る必要がないため、健康な歯を痛めることなく治療が行えます。ホワイトニングには2種類あります。

・オフィスホワイトニング
前歯のおもて側限定のホワイトニングです。速攻性がありますが、治療できる範囲は少なくなります。

・ホームホワイトニング
自宅でのケアが可能です。長的な治療になりますが、全ての歯の全面を白くすることができ、確実なケアが行えます。当医院ではオフィスホワイトニングと併用することが多いです。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン全てセラミックでできたかぶせものです。
内部に金属を一切使用していないため、

・透明感があり、自然な色合いと形の再現が可能

・永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きを保ちます

・歯周病などで歯ぐきが下がっても、歯と歯ぐきの境目に黒いすじが見えません

といった特徴があり、特に前歯の治療に有効といえます。また、金属アレルギーの心配がなく、どなたにでも安心して治療を受けて頂けます。

メタルボンドクラウン

金属の外部をセラミックで覆ったクラウンです。金属部分が露出しないため、見た目がきれいで変色せず、強度も強く、よく選択される治療法です。


また、セラミックは最も細菌が付着しにくい材質なので、本来の歯よりも汚れが付着しにくいという特徴があります。

歯ぐきとの境目に生じる黒ずみや、金属アレルギーを予防するためには、純金、金合金、白金加金合金などの、耐久性が高く、錆びない貴金属の使用をおすすめしています。

その他のクラウン

プラスティック樹脂を素材にした保険のクラウンは、安価で最も手軽といえますが永年使用していると、変色したり、擦りへってしまうことがあります。

一方で、ハイブリッドセラミッククラウンはセラミックとプラスティック樹脂を混合した素材を用いており、保険のクラウンよりもより長く白く美しい歯を保つことが可能です。

ラミネート治療

歯の表面を薄く削り、セラミックを貼り付けて、歯の色を白くしたり、すき間を無くす治療です。

利点として以下が挙げられます。
・歯を削る量が少なく、治療回数を減らすことが可能
・ホワイトニングに比べ後戻りがない
・すきっ歯などの小さな乱れを、矯正治療を行わずに短期に治すことができる

また、正式にはラミネートベニアといい、ベニア材のように歯質の強化を図ることもできます。

ラミネート治療には、セラミックのみを用いるオールセラミックと、セラミックとプラスティック樹脂を用いるハイブリッドセラミックがあります。

金属のクラウン

金属のクラウン安価で強度に優れたものとして銀歯が一般的ですが、他にも

・金のクラウン
・合金のクラウン
・内部が金属のクラウン(メタルボンドクラウン)
・裏側が金属の前歯用クラウン

などがあります。用いる金属によって、金属アレルギーや変色などの可能性が異なりますが、全体的に耐久性の高さが特徴といえます。


トップへ » 診療案内 » 審美・ホワイトニング


コールバック予約

PAGE TOP