トップへ » 診療案内 » 根管治療

保険診療で行うリーフ歯科の根管治療

マイクロスコープ(顕微鏡治療)とは
根管治療とは、歯の中身や神経を器具で除去し、根尖病変と呼ばれる歯の病気の治療や予防をするものです。虫歯が神経まで到達している場合に行われます。歯の中(根管)は複雑で歯髄が見えにくい為、この治療は難しい治療とされています。もし、虫歯が再発した場合にはかぶせ物や詰め物を取り除き、再治療の上作り尚さなければいけません。

当院は根管治療の質を第一に考え、マイクロスコープを使った正確な治療を保険診療内で行っております。顕微鏡治療と言えばわかりやすいかと思いますが、肉眼では見ることができる範囲が少ないため細かな手技や診断が難しい部分も、マイクロスコープを使用すれば治療が可能になります。

丁寧に削れること、正確に施術できる面も当然ではありますが、診断の正確さが結果的には治療の効果や成功率にも大きくかかわるため、一番重要なメリットは診断です。保険診療内でマイクロスコープを使用している医師はまだ少なく、正確な診断のもと短い期間でより確実に治療できますので、当院の根管治療の強みであると言えます。

さらに、当院では電動のニッケルチタンファイルと呼ばれる器具を根管治療に使用いたします。それにより診断しやすく、より少ない回数で正確な治療がご提供できるようになりました。


日々の努力による熟練の技術
マイクロスコープの利用はやはり技術が必要です。見える画像は非常に拡大され、細部まで映るのですが、左右が逆になりますので豊富な経験と慣れが必要です。

しかしながら、患者様の上顎を覗き込むように肉眼で見て診療していると、手元のポジションは都度ずれることになります。マイクロスコープは常に同じ姿勢で作業ができますので、技術を研磨するほどに感覚も磨かれていき、より精度の高い治療が可能になります。


基礎だからこそ大切な根の治療
根管治療は大切な治療ですので、保険診療であっても手を抜く事はできません。

家の建築で言えば基礎工事ですので、その部分の善し悪しが結果に影響を与えてしまいます。根管治療がより良くできていなければ、その先の治療を良いものを勧めることもできません。治療の基礎となる根管治療を大切に診療を行っております。


トップへ » 診療案内 » 根管治療


コールバック予約

PAGE TOP