トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » その日に歯が入るインプラント治療 【抜歯即時埋入】

その日に歯が入るインプラント治療 【抜歯即時埋入】

その日に歯が入るインプラント治療

"インプラントは魅力的な治療方法だけど、噛めるまでに時間がかかるんでしょ?""何度も手術をするのはイヤだ"そんな考えから、インプラント治療を敬遠している方は多いのではないでしょうか?

そこで当院では、抜歯後スグにインプラントを埋入する「抜歯即時埋入法」を導入。
抜歯後の穴がふさがる前にインプラントを埋入することで、治療期間を大幅に短縮できるという大きなメリットが生まれます。
なかには、通常の半分以下ですべての治療が終わる方もいるほど。

「抜歯即時埋入」は、患者さまの精神的負担・時間的負担・費用的負担を取り除ける治療方法なのです。

<抜歯即時埋入のメリット>
・治療期間が短縮できる
・患者さまの精神的に負担が少ない
・治療費を押さえることができる

<インプラントの1回法と2回法について>

インプラント治療には1回法と2回法があります。
インプラントは「インプラント体」「アバットメント」「上部構造」の3つの構造からなります。

3つに分かれているものが2回法インプラントで、「インプラント体」「アバットメント」がくっついているものが1回法インプラントです。


1回法の場合は、抜歯したその日にインプラントを埋入することで、一度の外科手術で治療が終わり、手術の費用も安くなります。

ただし、インプラントが骨と確実に結合するまでに細菌感染する可能性や、インプラントの骨結合に悪影響を及ぼす場合があります。
また、歯茎が下がってしまい、場合によっては、インプラント土台の上部が見えてしまう可能性もあります。

2回法の場合は、インプラントを埋め込んだ後、歯茎の上から閉じ合わせ完全に埋没させ骨が結合してから治療を行うため、その心配はいりません。

2回法では骨が結合するまで時間がかかるため、通常半年間、治療期間がかかるといわれていますが、当院では、カルシテックインプラントという、骨と結合しやすいインプラントを扱っているため、1回目の治療では1ヵ月半後、2回目の治療では30分ほどで治療が完了します。

そのため当院では、治療期間も短く感染の可能性も少ない
2回法をおすすめしております。


<前歯が割れた場合のインプラント治療(例)>
【今までのインプラント治療】
1)前歯の抜歯→骨移植→2)インプラント埋入→3)治癒期間→4)上部構造(約1年)

【当院のインプラント治療】
1)前歯の抜歯および骨補填、インプラント埋入、仮歯装着→2)治癒期間→3)上部構造(約3ヶ月)

抜歯即時埋入、サイナスリフト(ソケットリフト)はインプラントと骨増生を同時に行う為、治療期間が短く、1回の施術で済みます。(今までは3回の施術)

※サイナスリフトとは、上あごの骨が少ない場合におこなう手術です。上あごの奥歯の上方には「上顎洞」(サイナス)という空洞があります。この空洞に補填材(骨と同様の組成で最終的に自家骨に置き換わっていくもの)を填入することで、骨をつくっていく方法です。

*どんなケースでも抜歯即時埋入ができるわけではありません。抜歯する歯の場所や状態にもよりますので、ぜひ一度ご相談ください。


トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » その日に歯が入るインプラント治療 【抜歯即時埋入】


コールバック予約

PAGE TOP