トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » インプラントのデメリットとは?

インプラントのデメリットとは?

「噛む力が強く、見た目も天然の歯に近い」――インプラントは、多くのメリットを備えた理想的な治療法です。とはいえ、インプラントにはいくつかのデメリットも存在します。

まず、インプラントを埋め込むためには、外科手術が必要です。そのため、手術を含めると、入れ歯・ブリッジに比べて、高額な治療費が必要です。また、誰でも治療できるというわけではありません。糖尿病などの全身疾患がある方は、インプラント手術ができない場合もあります。

歯を失った場合の治療方法はひとつではありません。入れ歯・ブリッジのメリット・デメリットを比較し、最適な治療方法をご提案いたします。

<インプラントのデメリット>
・誰でも治療を受けられるわけではない
・外科手術が必要
・費用が比較的高額


トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » インプラントのデメリットとは?


コールバック予約

PAGE TOP