トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » 抜歯が必要なときの選択、ブリッジや入れ歯との違い

抜歯が必要なときの選択、ブリッジや入れ歯との違い

抜歯が必要になった場合、当院ではインプラントをおススメしております。

インプラントが定着するまでは、ブリッジや入れ歯などの治療をメインに行っていましたが、ブリッジは隣の歯を削り、また入れ歯は歯茎の上に異物をのせるものであり、それらは患者さまのお口の中を元の状態に戻せるものではありません。

ブリッジの難点は隣接する歯を削らなければいけない事であり、入れ歯の難点は食べ物の味が変わって感じるのと歯茎への負担がある点です。双方ともにその周り衛生状況が悪くなる傾向がある為、更なる病状を招く可能性があります。

インプラントは抜歯した部分にチタンでできた人口の歯根を埋め込み、それを土台として人工歯を装着します。見た目が限りなく天然の歯と近い上に、これまでどおりに噛むことができる為、自費診療の中では当院でインプラントをおススメしています。


トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » 抜歯が必要なときの選択、ブリッジや入れ歯との違い


コールバック予約

PAGE TOP