トップへ » 医院案内 » 院長・スタッフ紹介 » 歯は、一度削ると元に戻らないから

歯は、一度削ると元に戻らないから

院長より
例えば、足は一度折れてしまっても、ギブスをしておけば骨は元通りになります。しかし、歯は削ってしまうと、二度と元には戻りません。切り傷のように、ふさがることはないのです。
だからこそ、"治療"は非常に責任のある作業だと思っております。

●何気ない会話も、患者さまと楽しみたい
「最近、仕事はどうですか?」「どこかお勧めのお店があれば教えてください」当院では、患者さまとできるだけ距離の近いコミュニケーションで、何気ない会話も楽しめる歯医者でありたいと思っています。

実際、患者さまとの話が盛り上がって、「この後飲みに行きませんか?」なんてケースもあります(笑)。ずっと歯科業界にいると、付き合う方々が限定されてしまいがちです。だから、色々な業界の患者さまとおしゃべりすることが、自分自身の刺激にもなっていますね。

●色んなことに興味を持ちながら、新しいことにチャレンジする
昔から興味のあることには、素直にのめりこんでいく性格でした。小学生の頃はアマチュア無線にのめりこみ、そこからコンピュータへと興味は広がりました。小学生なのにBasicでプログラムを作って、カチャカチャと遊んでいたこともありましたね。ちなみに、当時はまだ"マイコン"と呼ばれていた時代です。

一方、大学時代には少林寺拳法の部活に所属。6年間、みっちり部活付け。大会で優勝した経験もあります。何事にもチャレンジしてみる性格は、こうやって院長になった今でも変わってないようです。「忙しいビジネスマンのための歯医者」なんてコンセプトを考えたのも、自分のチャレンジ精神から。

そしてなにより、少しでも多くの患者さまのお役に立てればと感じたからです。"患者さまがどうすれば楽になるのか?"を考えながら、患者さまの期待に答えられるよう、積極的に治療に取り組んでまいります。

院長:林 準治

【プロフィール】
生年月日:1974年
  専門:つねに何が必要かを見つけて勉強しています。
 出身地:長野県
 出身校:東京歯科大学卒業
歯科医暦:20年
歯医者を目指したきっかけ:
親が歯科医師だった事が大きな原因ですが、元来手先は器用な方で勉強を重ねるうちに面白く感じ、使命感をもって取り組めるようになりました。そのころから、しっかりと歯科医師としての自分のあり方を考え、志すようになりました。
歯医者のやりがい:
スタッフ皆と努力し、忙しくても充実していると感じるとき。また、良い機材や技術をとりいれて日々研鑽することによって、自分の治療の成果が明確に出て、それによって患者さまにも喜んでいただけることでやりがいを感じ、仕事を面白いものにしていけると思います。
趣味特技:デジモノ全般、武道(空手、剣道、柔道、少林寺拳法)


【経歴】
平成11年 3月 東京歯科大学卒業
     4月 歯科医師国家試験 合格
     4月 長野県松本市の歯科医院に勤務
     11月 東京都品川区の歯科医院に勤務
平成13年12月 リーフ歯科 開業
平成23年 6月 東京都診療報酬支払基金東京支部審査委員に就任
平成26年 2月 リーフ歯科 移転開業
平成27年 5月 東京都診療報酬支払基金東京支部審査委員を退任
平成27年 6月 阪本小学校学校医に就任、お江戸日本橋歯科医師会理事に就任

【所属学会】
日本歯科医師会会員
東京都歯科医師会会員
お江戸日本橋歯科医師会理事
日本学校歯科医会会員
東京都学校歯科医会会員
阪本小学校学校歯科医
口腔インプラント学会会員
東京歯科大学同窓会東京地域支部連合会理事


トップへ » 医院案内 » 院長・スタッフ紹介 » 歯は、一度削ると元に戻らないから


コールバック予約

PAGE TOP