«  2013年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« マイクロスコープを用いた新しい歯科治療 | メイン | 治療計画の重要性 »

2010年3月10日

ワタクシ事ですが、今年に入ってからスポーツジムに通うようになりました。メタボリック解消とヘルニア克服のためです。(笑)
開業以来8年間、一日中座った姿勢での作業は、知らず知らず腰への負担とメタボリックを進行させてきました。

スポーツジムにおいて筋肉トレーニングは息を止めずに行いますが、ついつい奥歯に力を入れてしまいがちです。そんな事を繰り返すと奥歯を痛めてしまいます。

そこで...。
IMG_0947.jpg
作ってみました。
上と下の歯型をとって模型を作り、噛み合わせ再現します。
ヒーターで熱したシリコンを模型に圧接して正しい位置で噛ませて完成です。

顎関節症の方や、歯ぎしりなどの方にもコレに似たものを作製しますが、基本的にこれらのものは自分で作っています。
ボクシングや空手、ラグビーなどコンタクトスポーツはこのスプリントの前面を中心に大きくします。
IMG_0942.jpg
マウスピースはお湯で軟化して噛み締めてご自分で作製するキットが市販されていますが、歯医者で作製したものは丈夫でよりフィットします。
いつものジムワークも少し楽しくなりますよ。フランス色がオススメです。

リーフ歯科 院長:林準治

リーフ歯科
院長:林準治

リーフ歯科公式サイト

「最近、仕事はどうですか?」
「どこかお勧めのお店があれば教えてください」

私は患者さまとできるだけ距離の近いコミュニケーションで、 何気ない会話も楽しめる歯医者でありたいと思っています。
実際、患者さまとの話が盛り上がって、
「今夜飲みに行きませんか?」

なんてケースもあります(笑)。

何気ない会話も、"患者さまと楽しみたい。"
そんな気持ちでブログを綴りたいと思っています。