トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » 二回法によるインプラント治療

二回法によるインプラント治療

インプラントには1回法と2回法がありますが、2回法で主に治療を行っています。

2回法はしっかりと骨とインプラントを結合させる事を優先する為、顎にインプラントを埋めた後で歯茎を一旦閉じて、その後で人口歯をつけます。2回法の場合は、骨の量が足りない場合もそれを増やす治療を行いながら並行して進めることができるのも良い点で、他にも感染症を起こす可能性も低くなります。

当院のインプラントは「カルシックインプラント」という骨と結合が良いものを使っており、短期間で治療が完了します。通常は一回目の治療から半年ほど期間をおきますが、当院では1ヶ月半ほどですみ、二回目の治療も30分程度です。治療期間も短く感染の可能性も少ない当院の二回法は、結果的に患者さまのお身体への負担も軽減できるため、おすすめできます。


トップへ » 診療案内 » インプラント治療 » 二回法によるインプラント治療


コールバック予約

PAGE TOP