トップへ » 診療案内 » 顎関節症治療 » 顎関節症になると

顎関節症になると

症状の程度は様々で、時間の経過とともに治る場合もあります。しかし、重症になると外科手術が必要となる危険があることにも注意してください。

また、口が開かないという症状では食事の際に支障をきたすこととなり、日常生活において精神的なストレスにつながります。さらに、顎関節や筋肉の異常は、頭痛や耳鳴り、めまいなどを引き起こす原因にもなります。


トップへ » 診療案内 » 顎関節症治療 » 顎関節症になると


コールバック予約

PAGE TOP